DENON,デノンを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。DENON,デノンの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。

DENON,デノンを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。DENON,デノンの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。DENON,デノンの簡単査定もメールで出来ますので是非ご利用下さい。

■DENON デノン


デノン(DENON Consumer Marketing Co.,Ltd. )は、日本のAV機器企業である株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつ。
また、株式会社デノンは、2001年4月1日から2005年3月31日まで同ブランドの音響機器を製造・販売していた企業である。
DENONおよびその片仮名読みデンオンは、「日本電氣音響株式會社」の通称「電音」が由来である。1963年に日本コロムビアに吸収合併され[1]、同社の音響機器事業のブランド名であったが、さらに株式会社デノンへ事業譲渡された。なおデンオン読みは、この事業譲渡後もコロムビアでのクラシック系レーベルとして使われている(後述)。
2001年(平成13年)10月1日 - 日本コロムビアのAV製造部門が分離独立し、株式会社デノン設立。リップルウッド子会社のニューデノンが日本コロムビアからデノン株式を98%買収し、連結子会社化。
2002年(平成14年)5月14日 - 日本マランツ株式会社と株式移転によって株式会社ディーアンドエムホールディングスを設立し、同社の完全子会社となる。
2005年(平成17年)4月1日 - 株式会社ディーアンドエムホールディングスと合併し、民生機の販売会社である株式会社デノンコンシューマーマーケティングを分割する。D&Mホールディングス傘下のブランドカンパニーにはマランツ・マッキントッシュ・ラボ・D&Mプロフェッショナル・SNELL・ボストンアコースティックなどがあるが、合併後も各々の設計部や販売網は独立しており、現在[いつ?]は管理部門のみを統合した形になっている。
日本コロムビア株式会社[編集]
1963年(昭和38年)、放送機器を製作していた日本電気音響が日本コロムビアに吸収合併されたことにより、日本コロムビアが放送機器を取り扱うことになった。当時の日本コロムビア音響設計部門には、旧電音の三鷹事業所と、1910年(明治43年)10月1日に発足した日本蓄音機商会として続いてきた川崎事業所が存在していた。三鷹事業所は業務用回転機器のダイレクトドライブターンテーブルやオープンリールテープレコーダーを担当し、川崎事業所ではテレビ電蓄などをはじめ、冷蔵庫などの白物家電も製造販売していたこともある。
その後1970年代になり日本に於けるハイファイオーディオ市場の隆盛をうけて、三鷹事業所はデンオン製放送業務用機器であったMCカートリッジDL-103を民生市場にも販売するようになり、その後業務用回転機器の技術を応用した民生用オーディオ機器も発売し、これらをプロフェッショナルオーディオブランドとして訴求した。この時代で最も有名なモデルはDP-3000ダイレクトドライブターンテーブルやDH-710オープンリールテープレコーダーなどである。一方川崎事業所でもハイファイオーディオアンプやチューナースピーカーなどもデンオンブランドで発売した。
DENONとして最も特筆すべきエポックは、1972年(昭和47年)に世界で初めて実用化されたPCM録音機開発である。放送業務用機器納入先として最も大きいNHKが1960年代後半にPCM録音機の試作を行っていたが、NHK技研でPCMレコーダー試作機を見た日本コロムビア録音部の幹部は衝撃を受け、以後、このPCMレコーダーのエラー補正を実用化に耐えうる程度まで高め、さらに収録したデジタルテープを手切り編集できるまで進化させた。この標本化周波数=47.25kHz、量子化bit数=13bit、録音再生=8チャンネルの実用PCMレコーダーはDN-023Rと命名された。テープトランスポートは芝電製2インチ・ヘリキャルスキャンVTRで、テレビ画面を見ながらカミソリでテープ切断する「手切り編集」が可能だった。
1980年代はオーディオカセットテープ事業(生産は栃木県真岡市にあった子会社・コロムビアマグネプロダクツ株式会社が担当していた)にも進出し展開していた。1990年代末期にはこれらの事業から撤退し解散している。
DENONレーベル[編集]
日本コロムビアの音楽レーベルの名称にもDENONが用いられたこともあった。1968年(昭和43年)から1973年(昭和48年)までは同社におけるこれまでのCBSコロムビアレーベル(1962年(昭和37年)1月から1968年(昭和43年)6月まで使用)に代わるポップス系のレーベルとして存在したが、演歌・歌謡曲などでも商標権の関係で「コロムビア」が使用できない海外への輸出盤で使われた。1975年(昭和50年)以降はクラシックやジャズ等高音質を期待されるジャンルの音楽の為のレーベルとしてリニューアルした[2][3]。「DENON」ロゴマークには、戦前に用いられていたものと、1955年(昭和30年)に採用されたロゴマークもあったが、1963年以降は現在のロゴマークになっている。
AVサラウンドアンプ
ブルーレイディスク/DVDプレーヤー
プリメインアンプ
AM/FMチューナー
スーパーオーディオCDプレーヤー
CDプレーヤー
カートリッジ
スピーカーシステム
ホームシアターシステム
システムオーディオ
レコードプレーヤー
カラオケシステム (2011年10月現在の時点における最後のコロムビアブランドの製品となる。2014年12月現在既に販売終了)
音聴箱(おとぎばこ。2014年12月現在既に販売終了)
オーディオアクセサリー
輸入オーディオ
DR-M550 カセット・テープ・レコーダー
DR-M11 カセット・テープ・レコーダ
DR-M11 カセット・テープ・レコーダー
DCD345 CDプレイヤー

※説明文はwikipediaを抜粋参照しています。

お電話での簡単見積り対応致します。メーカーや型番、購入年や状態などをお電話にてお伝え頂ければ担当者がおおよその買取金額をお調べ致します。
※お調べするのにお時間を頂く場合が御座いますのでご了承下さい。
※買取金額の確定は現物を見させて頂いてからとなりますのでお電話でのお伝えする金額は買取金額を保証するものでは御座いません事をご了承下さい。

■アンプ
amplifier
■スピーカー
speaker
■ターンテーブル
turntable
■プレーヤー
player
■サウンドシステム
soundsystem
■ホームシアター
hometheater
■プロジェクター
projecter
■PA機材
pasystem
■周辺機器
accessory


■真空管やケーブルなどその他オーディオに関係する商品であれば幅広く取扱いしています。お気軽にご相談下さい。