TANNOY,タンノイを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。TANNOY,タンノイの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。

TANNOY,タンノイを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。TANNOY,タンノイの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。TANNOY,タンノイの簡単査定もメールで出来ますので是非ご利用下さい。

■TANNOY、タンノイ


タンノイ(Tannoy Ltd. )は、ガイ・ルパート・ファウンテン(Guy Rupert Fountain 1901年-1977年12月10日)が創業したイギリスのスピーカーメーカーである。本社はスコットランドノース・ラナークシャーコートブリッジ(Coatbridge)にある。
1926年 - 前身のタルスメア・マニュファクチュアリング(Tulsemere Manufacturing Company )がロンドンにて創業。当初はラジオ関連の部品などを扱っていた。
1932年3月10日 - タンノイの商標を登録。ガイ・R・ファウンテン(Guy R. Fountain Limited )に社名変更。
1933年 - スピーカーの部門に進出し、高い評価を得た。当初はマグナボックス製ウーファーを使用していた。
1936年 - ウーファーも自社で製造するようになった。
1947年 - ウーファーの中央にツイーターがはめ込まれたように組み合わされ、位相も合わされた同軸2ウェイ式[1]ユニットであるデュアル・コンセントリック(Dual Concentric)が開発され、以後代表的な製品となった。後、この初代ユニットは「モニターブラック」と通称された。
1953年 - アルニコマグネットを採用した直径15インチのスピーカーユニットであるLSU/HF/15が開発製造される。磁気回路カバーの色が銀だったため「モニターシルバー」と通称された。またこのユニットを搭載したスピーカー、オートグラフが発売された。
1956年 - ユニットの設計が変更され、磁束密度の向上と最大入力向上が図られた。またこれまでも存在した15インチユニットに加え、一回り小型の直径を12インチに縮小したユニットが併売されるようになった。正式名称はそれぞれモニター15とモニター12、形式名はそれぞれLSU/HF15とLSU/HF12であるが、ユニットの磁気回路カバーの色が赤に変わったため「モニターレッド」と通称された。同時に、III-LZというモニター12をさらに縮小した10インチユニットも発売された。
1958年 - シュリロ・トレーディングが日本輸入代理店となる。
1967年 - トランジスタアンプ対応として、各ユニットの入力インピーダンスが16Ωから8Ωに変更された。形式名は15インチユニットがLSU/HF15G、12インチユニットがLSU/HF12Gであるが、ユニットの磁気回路カバーの色が金に変わったため「モニターゴールド」と通称された。モニターゴールドの10インチ版とも言えるIII-LZGも発売された。
1974年 - 工場で火災が発生、音質の要であったコーン紙工場が全焼。再起不能かと言われたが、薄手の西ドイツ・クルトミューラー社製コーン紙を使用できるように再設計された新型ユニットHPD(High Performance Dual concentric)シリーズを開発。この頃、社主であるガイ・ルパート・ファウンテンが心臓を患い引退を決意、JBLを傘下に持つアメリカのハーマン・インターナショナルに会社を売却した[2]。その後、1977年頃発売された通称ABCDEシリーズ[3]の商業的成功で持ち直した。70年代には工場をロンドンからコートブリッジへと移転している。
1976年 - ティアックが日本輸入代理店となり大々的に輸入が開始される。
1979年 - ザイールの内戦でアルニコマグネットの主原料であるコバルトの国際価格が急騰、入手難となり、マグネットをアルニコからフェライトに変更した。
2002年 - デンマークのTCグループの傘下となる。
その後高級機種は一貫して同軸2ウェイ式ユニットを用い、リアルウッドパネルで組み立てた筐体に収めたものを発表し続けている。
その一方で、、マーキュリー(Mercury)シリーズなどの下位機種や、STUDIOシリーズなどの録音スタジオ向けモニタースピーカーをはじめとする業務用スピーカー各機種では、同軸構造ではない通常の2ウェイユニットを採用し、あるいは筐体構成部材にMDFを多用するなど、より安価で一般的な構造の機種を開発・販売している。
15インチコアキシャルユニット搭載モデル[編集]
ユニット径は38cm。
オートグラフ(Autograph 、1953年発売) - 非常に複雑な3ホーン式コーナー設置型スピーカー[4]。オーディオマニアとしても有名な小説家の五味康祐が愛用したことでも知られ、オーディオマニアの憧れの的であった。正面のグリルは下部の木ネジでつけ外しするようになっている。設計はガイ・ルパート・ファウンテンとチーフエンジニアのロナルド・ヘイスティング・ラッカムによって行われた。初期型に使用されたユニットはLSU/HF/15で、1956年LSU/HF15、さらにLSU/HF15Gに切り替えられた。オリジナルモデルは1974年の火災で製造中止されたが、ユニットをHPD385/HPD385Aとしたレプリカモデルをティアックが1976年から1983年まで生産した。2001年に限定モデル「オートグラフ・ミレニアム」が販売された。製品名のオートグラフは品質保証としてのガイ・ルパート・ファウンテン自身の署名(Autograph)」に由来する。
G.R.F.(G.R.F. 、1955年発売) - 折りたたまれた非常に複雑なバックロードホーンを持つコーナー設置型スピーカー。設計はガイ・ルパート・ファウンテンとロナルド・ヘイスティング・ラッカム。初期型に使用されたユニットはLSU/HF/15で、1956年LSU/HF15に、さらにLSU/HF15Gに切り替えられた。オリジナルモデルは1974年の工場火災で製造中止されたが、ユニットをHPD385/HPD385Aとしたレプリカモデルを1976年からティアックが生産した。製品名はガイ・ルパート・ファウンテンの名の頭文字に由来する。
レクタンギュラーヨーク(Rectangular York ) - 使用ユニットは当初LSU/HF15Gであったが、1974年HPD385に切り替えられた。
レクタンギュラーG.R.F.(Rectangular G.R.F. ) - G.R.F.をコーナー設置型から角型に変更、バックロードホーンも簡略化したモデル。ユニットはLSU/HF12G。15インチモデルもある。
アーデン(Arden ) - 使用ユニットはHPD385A。
アーデンMk-II(Arden Mk-II 、1979年発売) - アーデンの使用ユニットをアルニコマグネットの入手難でフェライトマグネットを使用する3828に変更したもの。後さらにD386に変更された。
バークレー(Berkeley ) - 使用ユニットはHPD385A。
バークレーMk-II(Berkeley Mk-II 、1979年発売) - バークレーの使用ユニットをアーデンMk-IIと同様の事情で3828に変更したもの。後さらにD386に変更された。
GRFメモリー(GRF Memory 、1981年発売) - 使用ユニットは3839M。ガイ・ルパート・ファウンテンの没後、残されていたスケッチを基にロナルド・ヘイスティング・ラッカムらによって設計された。製品名はこの開発経緯に由来する。
ウェストミンスター(Westminster 、1982年発売)
ウェストミンスター・ロイヤル(Westminster Royal 、1989年発売)
FSM(FSM 、1985年発売) - 製品名は「ファイン・スタジオ・モニター」の意。コアキシャル2ウェイ38cmユニットと38cmウーファー搭載。2ウェイ動作と3ウェイ動作を切り替え可能。
インパルス15(Impulse15 、1985年発売)
SYSTEM215 - STUDIOシリーズと命名された業務用モニターシリーズの最上位。FSMと同様に15インチ同軸2ウェイユニットと15インチウーファーを搭載する。バイワイヤリング対応。
SYSTEM15 - STUDIOシリーズ。バイワイヤリング対応。
12インチコアキシャルユニット搭載モデル[編集]
ユニット径は30cm。
チェビオット(Chebiot ) - 使用ユニットはHPD315A。
デヴォン(Devon 、1977年発売) - 使用ユニットはHPD315A。
エジンバラ(Edinburgh 、1982年発売) - 使用ユニットは3149。
インパルス12(Impulse12 、1985年発売)
SYSTEM12 - STUDIOシリーズ。バイワイヤリング対応。
10インチコアキシャルユニット搭載モデル[編集]
ユニット径は25cm。
IIILZ(111LZ in Cabinet 、1961年発売) - 当初の使用ユニットは当初III-LZだったが1974年HPD295に変わり、チャーヴェニング(Chevening)と命名された。
イートン(Eaton 、1977年発売) - 使用ユニットはHPD295A。
チェスター(Chester 、1979年発売) - 使用ユニットは2528。
SRM10B(SRM10B ) - 使用ユニットは2558。
スターリング(Stirling 、1983年発売) - 使用ユニットは2558。
SGM10B(SGM10B ) - 使用ユニットは2558R。
インパルス10(Impulse10 、1985年発売)
スターリングHW(Stirling HW 、1986年発売) - 使用ユニットは2558R。
スターリングTW(Stirling TW 、1992年発売) - バイワイヤリングに対応した。
スターリングTWW(Stirling TWW 、1995年発売)
スターリングHE(Stirling HE 、1999年発売)
SYSTEM10 - STUDIOシリーズ。バイワイヤリング対応。
8インチコアキシャルユニット搭載モデル[編集]
SYSTEM8 - STUDIOシリーズ。バイワイヤリング対応。
一般型スピーカーユニットのみ搭載モデル[編集]
オックスフォード(Oxford ) - ホーンと29cmウーファー。
SYSTEM2(1990年発売) - STUDIOシリーズ。2.5cmツイーターと16cmウーファー。バイワイヤリング対応。
Mercury m1 - Mercuryシリーズ。2.5cmツイーターと13cmウーファー。
Mercury m2 - Mercuryシリーズ。2.5cmツイーターと16cmウーファー。

※説明文はwikipediaを抜粋参照しています。

お電話での簡単見積り対応致します。メーカーや型番、購入年や状態などをお電話にてお伝え頂ければ担当者がおおよその買取金額をお調べ致します。
※お調べするのにお時間を頂く場合が御座いますのでご了承下さい。
※買取金額の確定は現物を見させて頂いてからとなりますのでお電話でのお伝えする金額は買取金額を保証するものでは御座いません事をご了承下さい。

■アンプ
amplifier
■スピーカー
speaker
■ターンテーブル
turntable
■プレーヤー
player
■サウンドシステム
soundsystem
■ホームシアター
hometheater
■プロジェクター
projecter
■PA機材
pasystem
■周辺機器
accessory


■真空管やケーブルなどその他オーディオに関係する商品であれば幅広く取扱いしています。お気軽にご相談下さい。