Harmankardon/ハーマンカードンを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。Harmankardon/ハーマンカードンの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。

Harmankardon/ハーマンカードンを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。Harmankardon/ハーマンカードンの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。Harmankardon/ハーマンカードンの簡単査定もメールで出来ますので是非ご利用下さい。

■Harmankardon


ハーマン・カードン(Harman/Kardon )は、オーディオ機器のブランドである。ハーマン・インターナショナルの一部門で、民生用のホームオーディオ、カーオーディオを生産する。
1953年にシドニー・ハーマンとバーナード・カードンによりハイファイオーディオを製造する企業として設立された。ふたりは音楽と芸術に深い関心をもっていた。
ハーマン・カードンの最初の製品はFMチューナーである。設立された一年後には、世界初のハイファイ・レシーバーである Festival D1000 を発表した。このモノラルユニットは、技術に詳しくない消費者に向けて発売されたというだけでなく、チューナー、コントロール・ユニット、アンプを単一のシャーシに組み込んだ、現在でもよく知られる特徴をもっていた。1958年には世界初のステレオ・レシーバーである Festival TA230 を発表し、技術に詳しくない消費者に向けてもう一度、広くハイファイを広めようとした。ステレオ・サウンドは、ひとつのチャンネルをAMバンドから、もうひとつのチャンネルをFMバンドからとることにより達成された。シドニー・ハーマンは後に商務長官となり一時期ハーマン・カードンの経営から遠ざかるが、退任後は経営に復帰した。シドニー・ハーマンには息子と娘がおり、娘が会社を引き継いだ。
ハーマン・カードンのカーオーディオはBMW、ランドローバー、ミニ、メルセデス・ベンツ、サーブ・オートモービル、ハーレーダビッドソンおよびスバル[1]などに供給されている。
東芝のノートパソコンの「dynabook」にも、コンシューマ向けのみ2004年からハーマン・カードンの技術が採用されている。
1970年代の終わりに、ハーマン・カードンのパワーアンプ、サイテーションXX(Citation XX)は、「世界で最も高音質のパワーアンプである」とアメリカ合衆国の雑誌 The Audio Critic の編集者に評された[2]サイテーションXXは、TIM(トライジェント・インター・モジュレーション)理論を1970年に提唱した[3]マッティ・オタラにより設計された。

※説明文はwikipediaを抜粋参照しています。

お電話での簡単見積り対応致します。メーカーや型番、購入年や状態などをお電話にてお伝え頂ければ担当者がおおよその買取金額をお調べ致します。
※お調べするのにお時間を頂く場合が御座いますのでご了承下さい。
※買取金額の確定は現物を見させて頂いてからとなりますのでお電話でのお伝えする金額は買取金額を保証するものでは御座いません事をご了承下さい。

■アンプ
amplifier
■スピーカー
speaker
■ターンテーブル
turntable
■プレーヤー
player
■サウンドシステム
soundsystem
■ホームシアター
hometheater
■プロジェクター
projecter
■PA機材
pasystem
■周辺機器
accessory


■真空管やケーブルなどその他オーディオに関係する商品であれば幅広く取扱いしています。お気軽にご相談下さい。