B&Wを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。B&Wの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。

B&Wを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。B&Wの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。B&Wの簡単査定もメールで出来ますので是非ご利用下さい。

■B&W


Bowers & Wilkins (バウワース アンド ウィルキンス)およびB&Wは、イギリスの企業B&W Group Ltdによって製造される高級スピーカーブランドである。
1966年にB&W Electronicsとして設立され、スピーカーコーンにケブラー素材を当初から使用したメーカーである。1979年に初代M801を発表。以来28年にわたり最先端音響解析によるスピーカーを提供しつづけている。
日本では日本マランツ(マランツ コンシューマー マーケティング)が英国本社から輸入して販売を行っている
1966年、ジョン・ボワーズと彼の生涯の友であるピーター・ヘイワードはイングランド南部の港町ワーシングにB&W Electronicsの名称で会社を設立。二人は質素な生活を心がけ、利益は事業に再投資することで完璧なスピーカーを作り上げるための研究を続けることをモットーとしていました…
1965: 始まり
Bowers & Wilkinsは現在では世界中に販売チェーンや顧客を有する大きな企業です。ジョン・ボワーズは、友人のRay Wilkinsと共同経営する電気店の裏で、ウェスト・サセックス州ワーシングの地元の顧客のためにスピーカー・システムを手で組み立てることから始めました。
1966: B&W Electronics社
ボワーズは、ミス・ナイトという老婦人からの遺産をもとにB&W Electronics Ltd. を設立します。彼女はボワーズのクラシック音楽についての造詣の深さとボワーズに製作してもらったスピーカーに感銘を受け、彼が事業を起こすための資金として1万ポンドを贈与すると遺書に記していたのです。
1966: P1
Bowers & Wilkinsは最初の市販スピーカー「P1」を製作します。キャビネットとフィルタは、Bowers & Wilkins製でしたが、ドライバは他社の製品でした。ボワーズは、このスピーカで得た収益を測定装置に投資します。
1968: 家庭用モニター
B&Wは、常に最高のスピーカーを幅広い価格帯で製造することを目標にしてきました。より多くの顧客に向けた家庭用モニター、DM1とDM3が手頃な価格で発売されました。DM(Domestic Monitor)の哲学は、何世代にもわたって優れた性能を備えかつ手ごろな価格としてスピーカーに生き続け、受賞経験のある600シリーズへと引き継がれています。
1970年代はBowers & Wilkinsにとって非常に重要な時期といえます。この10年間でKevlarをコーン材料として初めて採用。B&W 801の導入によりEMI Abbey Road、Decca、Deutsche Grammophonなど、世界中のクラシック音楽レコーディング・スタジオの標準スピーカーとして採用されることで、その名声は最高潮に達します。
B&Wは801で大きな成功を収め、1980年代にはこの成功で得られた資金をさらなる研究/開発に投じました。80年代は専門の研究施設がステニングに完成した時代でしたが、一方でボワーズ氏の死去という出来事にも見舞われました。
1990年代にはBowers & Wilkinsにとって画期的となる数々の製品が開発されました。これには非常に異なるスペクトルで開発された主力製品も含まれています。ステニングの研究開発施設で育まれたアイデアが実を結び、見事なスピーカーが開発されました。
新世紀の幕開けから10年間、Bowers & Wilkinsの歴史において数多くの輝かしい出来事がありました。サブウーファやトゥイーター技術が劇的に向上し、iPodの誕生で新世代のユーザも市場に加わり始めました。
Bowers & Wilkinsは21世紀の最初の10年間で、著しい技術革新を遂げ新市場に参入しました。研ぎ澄まされたダイヤモンド・トゥイーター技術がさまざまなスピーカーに導入され、Bowers & Wilkinsが初投入したヘッドフォンは、モバイル音楽ファンから高い評価を受けています。



※説明文はwikipediaを抜粋参照しています。

お電話での簡単見積り対応致します。メーカーや型番、購入年や状態などをお電話にてお伝え頂ければ担当者がおおよその買取金額をお調べ致します。
※お調べするのにお時間を頂く場合が御座いますのでご了承下さい。
※買取金額の確定は現物を見させて頂いてからとなりますのでお電話でのお伝えする金額は買取金額を保証するものでは御座いません事をご了承下さい。

■アンプ
amplifier
■スピーカー
speaker
■ターンテーブル
turntable
■プレーヤー
player
■サウンドシステム
soundsystem
■ホームシアター
hometheater
■プロジェクター
projecter
■PA機材
pasystem
■周辺機器
accessory


■真空管やケーブルなどその他オーディオに関係する商品であれば幅広く取扱いしています。お気軽にご相談下さい。