mcintosh/マッキントッシュを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。mcintosh/マッキントッシュの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。

mcintosh/マッキントッシュを売るならモノリサイクルオーディオ買取専門店。mcintosh/マッキントッシュの買取はお任せ下さい。岡山、倉敷、神戸を中心に出張買取、出張見積対応します。mcintosh/マッキントッシュの簡単査定もメールで出来ますので是非ご利用下さい。

■McIntosh


歴史[編集]
マッキントッシュ・ラボ社は1949年創立。創立者フランク・H・マッキントッシュ。創業地ワシントン。所有地はニューヨーク州ビンガムトン。代表者はチャーリーズ・M・ランドール。
1990年、クラリオンの米国法人が買収した。さらに2003年5月には持株会社であるディーアンドエムホールディングスが買収し、傘下ブランドとなった。日本への輸入・販売・サポート業務はそれまでエレクトリが行っていたが、2007年4月1日にディーアンドエムホールディングスが新たに設立した日本法人子会社、株式会社マッキントッシュ・ジャパンに移された。 2012年10月に高級オーディオメーカー(ブランド)を多く傘下に持つイタリアの持株会社ファインサウンズ(英語版)がD&Mホールディングスから買収し、自社の傘下に収めた[1]。日本での輸入販売権はまたエレクトリに戻され、サポート業務を引き継ぐことになった。
製品[編集]
アンプ製品については、「ブルーアイズ」と呼ばれる左右パワーメーターが主な外観的特徴となっている。
純正システムへの採用[編集]
日本国内においては、富士重工業がスバル・レガシィのメーカーオプション扱いでマッキントッシュオーディオを採用していることで知られる。なお、同車に当該オーディオを装着する場合は、新車発注と同時に行う必要がある (現行車種では14個のスピーカーを取り付けるなど、標準純正オーディオの仕様とは大きく異なることから、後付けで組み付けることができないため)。
過去の日本法人[編集]
商号:株式会社マッキントッシュ・ジャパン(英文名 McIntosh Japan Co., Ltd.)
本社:〒210-8569 神奈川県川崎市川崎区日進町2番地1
設立年月日:2007年4月1日
株主:株式会社ディーアンドエムホールディングス 100%

※説明文はwikipediaを抜粋参照しています。

お電話での簡単見積り対応致します。メーカーや型番、購入年や状態などをお電話にてお伝え頂ければ担当者がおおよその買取金額をお調べ致します。
※お調べするのにお時間を頂く場合が御座いますのでご了承下さい。
※買取金額の確定は現物を見させて頂いてからとなりますのでお電話でのお伝えする金額は買取金額を保証するものでは御座いません事をご了承下さい。

■アンプ
amplifier
■スピーカー
speaker
■ターンテーブル
turntable
■プレーヤー
player
■サウンドシステム
soundsystem
■ホームシアター
hometheater
■プロジェクター
projecter
■PA機材
pasystem
■周辺機器
accessory


■真空管やケーブルなどその他オーディオに関係する商品であれば幅広く取扱いしています。お気軽にご相談下さい。